振動で時短&運動効率アップ!「ドクターエア ストレッチロールS」

振動するストレッチポールで効率的に!

健康のために運動をしているけれど、自宅でおこなうストレッチの効率をもっとあげられれば良いのにと思っていませんか?また、しっかりと運動をしている方なら、スポーツでもっとパフォーマンスを上げたり、身体のコンディションを簡単に整えたいと思われている方もいらっしゃるかと思います。

そこでオススメしたいのが、ドクターエア「ストレッチロールS」です!

ストレッチロールSは、自分の体重で荷重しながらストレッチを行うことで、一人で手軽に身体のケアができるストレッチ用ポールに、5分間に20,000回の振動機能が搭載されているので、ハイパワーの振動によって筋肉を不可なく刺激することができ、日々の運動をより効果的にすることができますよ♪

それではさっそく、ストレッチロールSについて詳しく紹介していきましょう!

ドクターエア ストレッチロールSの特徴

01.4段階の振動レベル
レベル1で1分間に2,100回で、最大のレベル4だと4,000回の強力な振動数になっています。レベルは4段階から選べるので、自分に合った振動数でトレーニングを行うことができます。

02.シンプルな操作パネル
操作パネルは、電源ボタンと強弱ボタンのみのシンプルなデザインで、振動レベルはランプでわかるようになっているので、簡単に操作をすることができます。

03.4つの凹凸
4つの異なる凹凸が1つに凝縮されていて、筋肉の部位やトレーニングに合わせて最適な凹凸を選ぶことができます。多彩な形状によって、トレーニングやストレッチの幅も広がります。

04.軽量&コンパクト
本体重量は870gととても軽量なので、女性でもラクラク持ち運びできます。充電式なので、コードレスで場所を選ばず、どこでも好きな場所でトレーニングが行えます。

05.筋膜リリースもOK
筋肉や骨を覆う「筋膜」の癒着を剥がし、筋肉の柔軟性を高めてスポーツパフォーマンスも上げられると今大注目の筋膜リリースも、自宅で簡単に行うことができます。

エクササイズ例

ストレッチロールを全身に当てるだけで、簡単にストレッチやエクササイズが行えます。ここでは、オススメのエクササイズの一部をご紹介します♪

ももの付け根(腸腰筋)

振動レベルを1~3に設定し、うつ伏せの姿勢で片脚をのばし、脚の付け根にストレッチロールをセットして各30~60秒程振動させます。

ふくらはぎ(ひらめ筋・腓腹筋)

振動レベルを1~3に設定し、アキレス腱の上からひざ裏の手前までの数か所に各30~60秒程当てることで、ふくらはぎ全体にアプローチすることができます。

もも横(腸脛靭帯)

痛みを感じやすい部分なので、弱めの振動レベル1~2に設定し、臀部側から少しずつひざの方に移動しながら数か所に当てていきます。各30~60秒程当てることで、もも横全体にアプローチが可能です。

臀部(大臀筋)

振動レベル1~4に設定し、ストレッチロールに片側の臀部全体を乗せたら45度くらい身体を開くように傾け、各60~90秒程振動させます。

価格

気になるドクターエア ストレッチロールSの価格は、19,352円(税込)です!これ1台あれば、ストレッチからエクササイズまで全身に使える万能アイテムなので、コスパも◎ですよね!

購入の際は、ドクターエア正規代理店である下記ショップからの購入がオススメです。価格が変更になったり、お得なキャンペーンが開催されていることもあるので、少しでも気になった方は是非チェックしてみてください!

また、下記ショップでは、実際に購入された方のレビューも掲載されているので、口コミが気になるという方も合わせて要チェックですよ♪